AlkanetBooks『時間開発日記』 blog

AlkanetBooksの公式ブログです。

最近、Splatoon3をやっていないなぁ。

あなたにおはようございます!

最近ブログを始めた本を売らない本屋さんAlkanetBooks代表の伊藤空彦です。😹

 

最近、Splatoon3をやっていませんね。

 

やったとしても、ガチャ目当てのログインぐらいでしょうか?

カタログレベルが36程度なので、そろそろ焦ったほうがいいかも知れません。

 

忍者のコスプレをしているのでスーパーサザエ要らないなんて言いましたが、実は、ギアのレア度★5まで上げるのに、一種類スーパーサザエ10個必要なので、レア度を上げるのに、30個必要なのです。

 

現在、13個あるから、あと17個集めないと上げることが出来ません。

店売りだったら、ゲソコインで何とかなりますが、amiiboブランドの服は、スーパーサザエしかレア度アップが出来ません。

 

このamiiboがあれば、いかボーイから忍者のコスプレが手に入ります。

 

ただし、Splatoon3しか忍者のコスプレを手にれることが出来ません。

Splatoon2では違う服になります。

 

現在のギアはこんな感じになりますね。

どれが欠けても、うまく行きません。

特に服のギアが削れてしまう、フェスなんかは不自由します。

 

『好みの味は?』のフェスでは、『からい派』(Spicy)に参加しましたが、『あまい派』(Sweet)に圧勝されましたね。

 

やはり、お子様が夢中になるゲームのことだから、『あまい派』が幅を利かせるんでしょうね。

 

カタログレベルが追いついてないので、そろそろ集中してやったほうがいいのかも知れません。

エモートとか色々欲しいですし。

 

効率よく稼ぐ方法は、ログインしてナワバリバトルで必ず1勝する。

これにつきます。

 

今度こそ、スーパーサザエを17個以上手に入れたいと思っていますので、フェスの呼び出しがあったらよろしくお願いいたします。

 

Splatoon3も飽きが来ないように工夫されているから、遊ばないともったいないですよね。

 

僕はマニューバー(2丁拳銃)使いです。

 

マニューバーは射程が短いので、攻めてくるのが大変です。

 

射程が長いシューターなどには弱いと思います。

ただし、手数が多いので、ローラーには強いと思います。

 

イカダッシュ速度アップを多数着けています。

これが最も環境にあったギアなので、これを着けていてよかったと思っています。

 


www.youtube.com

 

イカニンジャも弱体化したので、これと言って改善が見込めることもありませんね。

 

イカニンジャは近距離戦で撃ち合いにならないように、遠距離の人にとって有利な働きをするようになりました。

 

ギアのかけらを集めても、思うように決まったギアが集まらないので、とりあえず放置しています。

 

武器の熟練度は、現在はスパッタリー・ヒューが3で、ケルビン525が4です。

熟練度5にしようと思ったら、途方も無いほどの経験値が必要なので、そのままにしています。

 

それに、Splatoon3のために、かなりお金を使い込んだと思います。

プロコンなどもその一つとなります。

 

 

純正部品としての黒いプロコンは、ハードオフで4,400円で手に入れましたが、調子が悪くなったかな?と感じて修理に出す間にプロコンが無くなったら困るかな?と思って買い足しました。

 

多分、修理が断られてもかまわないと思っているので、後日修理に出そうかと思います。

 

 

Splatoon3は本当に楽しめるので、ご家族に一本どうですか?

 

そのような事を書いていたら、Splatoon3が無性にやりたくなってきました。

 

 

Splatoon3はやりたい時にやれば楽しいのであって、義務でやっていると疲れますよね。

 

ゲーム実況で喰っているわけじゃないので、楽しみのままにしておきたいと思っています。

 

マニューバー使いになってよかったと思っています。

シューターに戻ってもいい頃かも知れませんが、せっかく手に入れた武器を捨てたくはありません。

 

ケルビン525はゴールドブキチライセンスで手に入れましたが、ランクも26超えしていましたので、簡単にスパッタリー・ヒューを手に入れることができました。

 

ゴールドブキチライセンスは旧作Splatoon2のデータを持っている人に渡された支援措置なのです。(Splatoon3初回起動時にたった一度だけ継承するのか?と聞かれるので、必ずハイと答える。)

 

もう、ランクも30に達したので、ゴールドブキチライセンスも必要なくなりましたね。

もっと使えばよかったと思っています。

 

そんなこんなで、Splatoon3を楽しみたいと思います。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。